横浜市、鎌倉市、藤沢市、川崎市など横浜周辺地域で、認知症対策や相続対策をお考えの場合はぜひ一度ご相談ください。

家族信託・民事信託で『想い』をかなえるお手伝い

横浜家族信託の相談窓口

    運営:司法書士ともしび事務所(横浜駅西口徒歩5分)

営業時間
9:00~19:00
 休 業 日
土・日・祝
相談対応
時間外・休業日も
ご対応(要予約)
お急ぎの場合は電話で! 
045-624-9917

家族信託とは?

家族信託についてわかりやすく解説します

「信託」と聞いて何をイメージしますか?

信託銀行や投資信託を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
「お金を預けたり増やすためのものが、認知症や相続に関係があるの?」と思うかもしれません。

これらと家族信託・民事信託とは、まったく別のものです。

ここでは、財産管理・承継の新しい手法「家族信託(民事信託)」とは一体何なのかを説明していきます。

※「民事信託」は家族信託と同じ意味で使われるため、当サイトでは統一して「家族信託」という言葉を使います。

財産を信頼できる家族に託し、自分や家族のために管理してもらうこと

家族信託を一言でいうと、このように説明できます。

例えば、最近物忘れが多くなった父が、何かと世話をしてくれる長男に、自宅と管理に必要な金銭を託します。長男は父のために自宅(実家)を管理し、必要に応じて売却して施設入居の資金や毎月の介護費用に充てる、というのが家族信託の典型です。

※委託者は受託者との間で契約を結ぶか遺言書を作成し、受託者に財産を託します。

家族信託のイメージ図


託す」ってどういうこと?

託される人の名義で管理してもらうということです。

家族信託を利用すると、財産の名義が受託者に移ることがポイントです。

家族信託の組成後は、受託者が名義人として財産を管理・処分します。
信託財産になった不動産を売却する場合、本人(委託者)の判断能力がなくなっていても、受託者の判断で売却手続きを進めることができるのです。

※財産の名義は受託者に移りますが、利益を受ける受益者が実質的所有者として扱われます。
※受託者に贈与したことにはなりません。
 例えば、不動産の登記簿上も所有者ではなく「受託者」と表記されます。

家族信託をした場合の登記簿の例
(山田父郎さんが長男の山田子太郎さんに家族信託した場合)
クリック・タップで拡大表示されます

クリック・タップで拡大表示されます

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら

045-624-9917

お問合せ・ご相談予約は、お電話またはお問合わせフォームにて
受け付けております。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

相談予約:9:00~19:00(メールは24時間)
休業日:土曜・日曜・祝日
※事前にご予約をいただければ時間外・休業日も対応いたします。